2019年04月15日

4/15 21日はロームミュージックフェスティバル野外コンサート!

ローム2.jpg
 昨日から始まった2019Cosmosオーディション。それと本格始動した9期生の活動といろいろ忙しい時期ではありますが、4月21日(日)16時45分〜17時14分まで、ロームシアター京都野外ステージにてHERZのコンサートがあります。プログラムは
1 ロシアより愛を込めて〜 
※全日本ポップス&ジャズバンドグランプリ大会で全部門第1位文部科学大臣賞を頂いたときに演奏した曲です。
2 美空ひばりメドレー
※HERZが得意とする演歌メドレー「日本のidentity」をいつも目指して演奏を続けています。
3 ハウルの動く城
※サントラでソロを担当された元チェコフィルTp首席奏者のミロスラフ・ケイマルさんとの再会を先日プラハで果たして、チェコフィル本拠地でのドボルジャークホールで演奏しスタンディングオベーションを頂いた曲です。
4 アニーよりトゥモロー&Get It On
※HERZ十八番の曲で、このアニーで9期生がデビューします。


また、前日の京響のコンサートにHERZメンバーが全員で聴きに行き、オーケストラサウンドを勉強します。先日のプラハ訪問で、ドボルジャークホールでのチェコフィルハーモニー管弦楽団のリハーサルを聴いて倍音を最高のシチュエーションで体験出来たので、今回の京響も楽しみです。成長した演奏を聴いて頂くために一生懸命練習します(^^)/

20京響.jpg
ケイマルさん.jpgドボルジャークホール.jpg
posted by takeshu at 14:04| 京都 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

4/10 感動の嵐!吹奏楽部修学旅行大盛会にて帰国!

 3回目となる吹奏楽部修学旅行(チェコ→ドイツ演奏旅行)が終了しました。3月30日(金)〜31日(土)17時学校を出発して関空へ。出国手続きも遅滞なく終え23時35分エミレーツ航空にて出発。ドバイを経由してプラハ空港に到着しました。そこで高輪台高等学校ウィーン公演から駆けつけて下さいました日舞の花柳琴臣先生と合流して、ヴィシェフラト城へ観光へ出かけました。ここから見るヴルタヴァ川は最高に素敵です。ホテルに入って練習会場となるバンケットで準備して音出しをしました。

ビシェフラト城.jpgヴィシェフラト城からヴルタヴァ川.JPG
4月1日(日)元号が令和に決まったとの話で賑やかに朝食をとりプラハ旧市街地へ観光に出かけました。プラハ城は山全体に広がっており素晴らしい歴史的建造物でみんな感動していました。ヴルタヴァ川の畔から明日コンサートを開催するドボルジャークホールを望みました。そして城の近くのレストランで昼食をとり、ホテルに戻って練習をしました。

プラハ城.jpgヴルタバ川からドボルジャークホール.jpg
4月2日(火)いよいよブラハ公演。この公演には昨年11月に本校でジョイントコンサートをしたチェコ中央部にあるリトミシェル市教育学学校混声合唱団(高等学校)KOSの皆さんとチェコ最東部にあるノビーイーチン市にあるPuellae et Pueriさんという中学校合唱団合計180名とのジョイントコンサートです。旧市街での自由行動ののちにプラハ交響楽団の本拠地であるスメタナホールがある市民劇場のレストランで昼食をとり徒歩でドボルジャークホールへ向かいました。到着後準備を行いましたが、ここでメンバーへのスペシャルプレゼント。なんとチェコフィルハーモニー管弦楽団のリハーサルを1時間見学出来たのです。曲はマーラーの9番。1楽章から4楽章までポイントとなるところを練習されていました。感動は先ず倍音!!曲をご存じのかたは分かると思いますが、冒頭からホルンが活躍します。それも4番ホルンや2番ホルンです。その音が倍音を持った美しい音なんです。その後も美しい音に包まれてtuttiの凄さ、そして何よりこの修学旅行で学べたのが、弦楽器による4楽章のラストのPPです。もう天国に昇っていく感じでした。その後HERZのリハで元チェコフィルTp首席奏者のミラスロフ・ケイマルさんと再会!共演する「ハウルの動く城」ではみんな感動しながら演奏しました。その後180名との合唱団リハ・日舞とステマーの場当たり。もともとの時間が少ないリハで準備時間も少ない状況でしたが、本番は素晴らしい力を発揮してくれました。ヴルタヴァの後も含め何回もスタンディングオベーションを受け生徒達は大感激したに違いありません。コンサート後、メンバーが片付けている間に関係者のレセプションがあり、プラハ市長様、リトミシェル市長様、チェコ日本国大使館全権大使様、合唱団関係者、ケイマルさん、フィンダさん、花柳琴臣先生とHERZからは葛城・赤司・山田が参加しました。写真はプラハ市長様ご夫妻、日本大使館全権大使様、合唱団指揮者と琴臣先生、HERZから3名。もう一枚は、プラハ交響楽団元ピッコロ首席奏者のフィンダさんとケイマルさんと琴臣先生と顧問3名です(^_^)
ドボルジャークホール.jpgケイマルさん.jpgグランドフィナーレ.jpgステマー.jpgチェコ日舞.jpgチェコレセプ.jpgケイマルフィンダ.jpg
4月3日(水)は感動のプラハ公演の翌日は早朝から移動。チェコからドイツへ入国。やっと言葉が通じそうな雰囲気になって来ましたので私はホッとしました。ベルリン市内のレストランで昼食をとり、ベルリン南東部にあるGymnasium Steglitzへ向かいました。日本の高校とは違い、昔の国民学校な感じです。小学校4年生から高校3年生くらいの生徒が居り、とてもハイレベルが学力を持つ学校として有名です。教師・企業家・医師・教授・政治家を多く輩出しています。この日は直前までアビトゥーア(大学へ進学するための資格試験)が行われていました。学校に入り、いろいろ打ち合わせをしてジョイントコンサートを行い、その後食堂に移動して交流会を行いました。お互い時刻のお菓子を交換したり、シュティーグリッツの保護者が作ってくれた軽食をとったり、陽気なおじさんがチョコレートを配った居ましたが、なんと退職された教頭先生がボランティアで来て下さっていました。我々も先生方と沢山お話が出来て良かったです。その後ホテルに入りました。
Steglitz日舞.jpgSteglitz.jpgB4042844.jpg
4月4日(木)いよいよメイン公演であるベルリンフィルハーモニーホールでの本番です。午前中にブランデンブルク門、旧美術館、ベルリンの壁、そしてアンペルマンショップ。昼食後にホール入りしました。ここで今回のソリストである北西ドイツフィルハーモニー管弦楽団Tb奏者である吉田なを美さんと合流。中学生の時の彼女が音楽の本場ドイツのプロオーケストラ奏者として活躍していることは元顧問としては最高の喜びであります。そして成長された音楽家として対面する喜びを味わいました。彼女の音はとても柔らかく美しい倍音を持った素晴らしい音色でした。その他の曲もリハを終えて本番に望みました。フィルハーモニーはドボルジャークホールと本番の音の創り方が違うように思い。短い時間でしたが、音創りをしてから本番に望みました。このフィルハーモニーの本番でもスタンディングオベーションを何回も受けて、お客様が喜んでおられることに感動しました。コンサート前にホールのマネージャーに「ここでステージマーチングは出来るのか?」をリクエストしましたが、イマイチの反応。しかし、公演後はとても興奮されていて、「HERZならOKだ。雛壇を上げる関係でステージ上はココ。そして客席を使うならココまでOKだ」とビックリするくらいの対応に感動(^^)/ 実現するかはコチラ次第となりました(^^) 旅行を通じて音楽は世界に通じること。友人を作れること。音楽の素晴らしさを身に付けてくれたと思います。皆さんこれからもHERZにご声援宜しくお願いします。
ベルリン集合.jpgベルリン男組.jpgフィルハーモニー集合.jpgTb協奏曲.jpgベルリン日舞集合.jpgベルリン日舞.jpgベルリンGet.jpgなを美とふたり.jpgなを美さんと.jpgフィルハーモニー夜景.jpg顧問団.jpg
posted by takeshu at 14:55| 京都 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

3/11 第3回吹奏楽部修学旅行(演奏旅行)は30日出発です!

IMG_9044.JPG
【今回の下見でのマイベストショット:右手ソニービル、右手後方ベルリンフィルハーモニーホール ベルリンの陽の入り】
 第3回目となる吹奏楽部修学旅行。私の下見も終わり、概要が決定しました。
3月30日(土)に学校を出発し、4月6日(土)に学校へ戻ります。
修学旅行公演として、3箇所で演奏会を開催します。プラハ公演では、チェコ共和国文化庁様・チェコ共和国上院議会様・京都市長様からの後援開催となりました。プラハ市長様、在チェコ共和国全権日本大使嶋ア郁様のご来場が予定されています。このお二人に対して門川大作京都市長様より親書をお渡しすることになっています。
IMG_9209.jpg
IMG_9219.JPG
4月2日(火)チェコ・プラハ・ドボルジャークホール 20時開演
1部
@HERZステージマーチング
APUELLAE ET PUERI NOVÝ JIČÍN 
BSMÍŠENÝ PEVECKÝ SBOR KOS LITOMYŠL
※ABは高校生合唱団

2部
君が代→チェコ国歌

1 斐伊川に流るるクシナダ姫の涙(日舞)
2 ボレロ(日舞 琴臣)
3 わが祖国より「ヴルタヴァ」
4 ハウルの動く城
5 吹奏楽のための協奏曲

グランドフィナーレ
  合同「花は咲く」
  合同「売られた花嫁」

IMG_9100.JPG
4月3日( ドイツ・ベルリン・シュティーグリッツ高校交流会 14時開演
1部 
1 斐伊川に流るるクシナダ姫の涙(日舞)
2 アンサンブル
  トロンボーン4重奏
  クラリネット4重奏
3 ステマー形式演奏

2部 シュティーグリッツ高校オーケストラ演奏
   合同演奏「オペラ座の怪人」

3部 シュティーグリッツ高校食堂にて交流会

IMG_9214.JPG
IMG_9099.JPG
4月4日(水)ドイツ・ベルリン・ベルリンフィルハーモニーホール 20時開演
1部
君が代→ドイツ国歌
1 サモン・ザ・ドラゴン
2 牧神の午後への前奏曲
3 トロンボーン協奏曲 リムスキー・コルサコフ
  ソリスト 吉田なを美 北西ドイツフィルハーモニー交響楽団
4 わが祖国より「ヴルタヴァ」

2部
4 斐伊川に流るるクシナダ姫の涙(日舞)
5 ボレロ(日舞 花柳琴臣)
6 吹奏楽のための協奏曲 
7 ハウルの動く城
posted by takeshu at 10:29| 京都 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする